二重まぶたの整形をすることで、まぶたの厚さを無くす

最新の技術によって需要が高まっている

ピックアップ

コンプレックスを解消

目が離れているというコンプレックスを抱いている人は目頭切開にすることで目を大きくできます。1mm変化させるだけでも印象を変えることができます。手術前にはカウンセリングをする必要があります。

鼻を高くする

外国人は鼻筋が通っている人が多いですが、日本人は丸みのある鼻が多い傾向にあります。美容外科でシリコンプロテーゼの整形手術をすることで鼻を高くすることができます。

肌の問題

人間は年齢を重ねると肌のたるみやしわなどの問題になる方も多いです。顔全体の保湿力を高めることで、血流を良くして肌には良い効果を得ることができます。毎日適切なケアをすることが大切です。

理想の二重

傷跡が目立たない二重まぶた形成術を受ける人が多くなってきました

 昔からよく行われてきた切開法による二重まぶた整形手術を受けた場合、まぶたを閉じた際に整形手術を受けたことがバレてしまう可能性があります。切開法による整形手術では、患者が希望している二重のラインに沿ってメスで皮膚を切開します。まぶたをメスで切り開くことになりますので、クッキリとした二重のラインを作ることができます。また切開した部分から余分な脂肪を除去することができるため、まぶたの厚ぼったさを解消することができるというメリットもあります。ただし、目立たないとはいえ、まぶたに傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。目を伏せた際などに傷跡を他人に見られてしまう可能性があるため、切開法による整形手術は受けたくないと考える人が実際に結構たくさんいます。そのような希望を持つ人向けに、メスを用いない埋没法という整形手術が考案されました。料金もリーズナブルですので、埋没法で二重まぶたにする人が多くなってきています。

埋没法の効果持続期間が長くなるだろうと期待されています

 埋没法による二重まぶた形成術には、切開法よりも安い料金で自然な二重まぶたを作ることができるという特徴があります。手術の所要時間が短く、術後の腫れ等もほとんど起こらないため、大人気になっています。ただし、まぶたの裏側から通した糸で二重のラインを作り留めるだけという方法ですから、一重まぶたに戻りやすいというデメリットがあります。そのため、従来は、できるだけ治療効果を長持ちさせたいという希望が強い人は、切開法による手術を選ぶケースが多くなっていました。しかし、糸留めを1個だけではなく、2個、3個と増やすことによって、二重まぶたを長持ちさせることが可能です。現在も引き続き治療効果を長持ちさせるための研究が続けられていますので、今後は埋没法による治療効果の持続期間が長くなるだろうと期待されています。

オススメリンク

Copyright© 2015 二重まぶたの整形をすることで、まぶたの厚さを無くすAll Rights Reserved.